Road to the World
from Okayama

図:WORLD-AC組織概要図

Start fromWORLD-AC

WORLD-AC(ワールドアスリートクラブ)は 「岡山から世界へ!!」
を合言葉に、 車いす陸上競技選手を雇用・育成し、
障害者スポーツを通じて、地域社会に貢献していくことを目的としています。
そして、障害者スポーツの素晴らしさを発信し普及させるため、
国内外のさまざまな大会に出場し、
結果(メダル獲得)を残すことを目標としています。

WORLD-ACについてもっと詳しく

MEMBER

現在WORLD-ACで活躍する選手は3人。「世界と戦う」ために岡山の地に集いました。
時に師弟、時に戦友、そして時にはライバルでもある3人のアスリートを紹介します。

Hitoshi
Matsunaga
PROFILE
Tomoki
Sato
PROFILE
Tomoki
Ikoma
PROFILE

NEWS

2018.12.10

2018.12.02 - 2018.12.06

海外遠征

カンボジア王国パラ陸上トレーニングコーチ派遣プロジェクト

ハート・オブ・ゴールド障がい者スポーツ支援事業

2018.12.05

2018.12.01

講演会

新宮・東牟婁PTA連合会で講演

生馬選手の地元で講演!

2018.12.01

2018.11.29

イベント

人権スポーツふれあい教室

岡山市立芳泉小学校

Photo
Gallery

MORE

マシンと一体になり疾走する

車いす陸上の世界

レーサーと呼ばれる競技用の車いす。様々な競技用の車いすがある中で、特に速く走る事に特化しており、「車いす」と言うより、「マシン」なのである。

競技者はオーダーメイドのレーサーに収まり、人馬一体となる。ギヤ等のアシストは無く、肉体の力のみでマシンを操り、トップレーサーになると平地でも35km/hを超えてくる。

この競技の魅力は躍動感・疾走感。この魅力に魅せられた選手達は日々トレーニングに明け暮れる。

この魅力的なスポーツの世界を貴方も少し覗いてみませんか?

SPONSOR & SUPPLIER

各種お問い合わせ